会社概要

未来を照らす、炎を絶やさない

What is Fuego

フエゴインターナショナルは、コオロギを主原料とした食品開発で、より良い未来のあり方を探求する会社です。
千葉の睦沢町で、地域の食品産業から発生する廃棄物をコオロギの飼料にすることで、食品ロスに加えて処分エネルギー・コストを削減。
コオロギを地域自慢の食材で飼育し『高品質の栄養食』として世界へ届ける。
そうして地域を活性化しながら、近い将来訪れる地球の食糧難を緩和する事業へと挑戦しています。

The Spirit of Fuego

フエゴという社名は、スペイン語で ”火“ や ”炎” を意味するコトバです。
地球で暮らす一人一人の生活を豊かにする炎をおこし、次世代へ受け継ぐこと。
そのために、『安心・安全』と『持続性』、そして豊かさに欠かせない『おいしさ』を追求した食品の提供をモットーに事業を展開しています。



ミッション

食に革命を
地方に元気を
すべてのものを無駄にしない


経営理念

我々は、環境負荷の低い新たなたんぱく源の供給、より健康的で文化的な食環境の創造、地域資源を生かした地方創生を通じて、持続可能な社会の実現に貢献していきます。


・食用昆虫の養殖事業
・昆虫食品の製造、販売
・昆虫を利用した養殖飼料の製造、販売


会社概要


社名

フエゴインターナショナル株式会社

代表取締役

村山 敏弘

設立

2021年2月1日

所在地

千葉県長生郡睦沢町小滝577

資本金

2,054万円(資本準備金820万円)

E-mail

info@fuego-int.co.jp

URL

ホーム

未来を照らす、炎を絶やさない。 フエゴインターナショナルは、コオロギを主原料とし…
fuego-official.com